チオノドクサ・ルキリアエ (雪解百合)

Chionodoxa luciliae

Chionodoxa luciliae

地中海の東岸から小アジアが原産です。亜高山帯から高山帯に生
え、高さは10センチほどになります。早春に、土の中から蕾をのぞ
かせ小さな花を咲かせます。花は、明るいピンク色の花披片で中心
部が白色です。和名では「ゆきげゆり(雪解百合)」と呼ばれますが、
スイスの植物学者ボアシエ(Edmond Boissier)が雪解けのなかに咲い
ているのを見つけたことに因みます。
ユリ科チオノドクサ属の多年草で、学名は Chionodoxa luciliae。
英名は Glory of the snow。
Glory of the snow belongs to Liliaceae (Lily family). It is a perennial herb
that is native to the eastern coastal area of the Mediterranean Sea and Asia
Minor. This herb occurs in sub-alpine to alpine area and can reach about 10
cm in height. It is borne small buds from the ground in early spring. The
flowers are pale pink with whitish center. They peep into bloom sometimes
before the snow has completely disappeared.
大阪府四条畷市清滝中町にて、2007年03月25日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp