チタルパ [Index] [Back]

 X Chitalpa tashkentensis

 X Chitalpa tashkentensis

 X Chitalpa tashkentensis

「アメリカきささげ(Catalpa bignonioides)」と「デザートウィロー(Chilopsis linearis)」との属間交雑種です。1964年にウズベキスタン、タシケント植物園のルサノフ(N. Rusanov)によって作出されました。高さは5〜9メートルになります。葉は狭楕円形から披針形で互生し、全縁です。春、枝先に総状花序を直立してだし、淡ピンク色から濃ピンク色の花を咲かせます。花冠はトランペット形で、咽部には紫色の条斑があります。
ノウゼンカズラ科チタルパ属の落葉小高木で、学名は X Chitalpa tashkentensis。英名は Chitalpa。
Chitalpa belongs to Bignoniaceae (Trumpet creeper family). It is a deciduous semi-tall tree that is a intergeneric hybrid between Southern catalpa (Catalpa bignonioides) and Desert willow (Chilopsis linearis). This hybrid was raised by N. Rusanov in 1964 at Tashkent Botanical Garden (Uzbekistan). This tree can reach 5-9 m in height. The leaves are narrow-elliptic to lanceolate, entire and alternate. The erect racemes are borne on the terminal branches and bloom pale to dark pink, trumpet-shaped flowers with purple veins in the throat, in spring.
アメリカ・テキサス州「フォートワース植物園」にて、
2007年05月13日撮影。(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp