チャイブ (蝦夷葱)

Allium schoenoprasum

Allium schoenoprasum

Allium schoenoprasum

Allium schoenoprasum

Allium schoenoprasum

Allium schoenoprasum

Allium schoenoprasum

Allium schoenoprasum

Allium schoenoprasum

Allium schoenoprasum

Allium schoenoprasum

Allium schoenoprasum

シベリアから地中海沿岸地方にかけてが原産です。ヨーロッパでは、2千年前にすでに栽培されていたといいます。和名では、「えぞねぎ」とか「せいようあさつき」と呼ぶそうです。葉や鱗茎は、「あさつき(浅葱)」と同じような使い方で食用にされます。5月から6月ごろ、葉鞘の先に球状花序がつき、小さな桃紫色の花を咲かせます。夏期の高温と乾燥に弱いので寒冷紗などをかけると良いようです。 
ユリ科ネギ属の多年草で、学名は Allium schoenoprasum。
英名は Chives。 
The Chives (Allium schoenoprasum) belongs to the Liliaceae (the Lily family). It is a perennial herb that is native to Siberia and the coastal areas of the Mediterranean Sea. This herb was already cultivated in Europe in 2000 years ago. The leaves and bulbs are used for spicy herbs. The spherical inflorescences with sheaths are borne and the small spink-purple flowers bloom in May and June. This herb is no tolerant of high temperature and drought in summertime. 
[上] 千葉県香取市大角にて、2011年04月25日撮影。
[中1] 同上にて、2011年04月18日撮影。
[中2・中3] 大阪府四条畷市清滝中町にて、2006年06月25日撮影。
[中4] 同上にて、2004年04月25日撮影。
[中5] アメリカ・ニューメキシコ州サンタフェ市にて、
2006年05月28日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中6] 群馬県中之条町「薬王園」にて、2008年03月30日撮影。
[中7・中8] スイス・ベルン州「シーニゲプラッテ高山植物園」にて、
2009年06月30日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中9] イギリス・ランカシャー州ハーストグリーンにて、
2015年05月13日撮影。(photo by Yumi Gunji)
[中10・下] イギリス・ランカシャー州ウォーリーにて、
2015年06月04日撮影。(photo by Yumi Gunji)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp