チリやし (チリ椰子) [Index] [Back]

Jubaea chilensis

Jubaea chilensis

南アメリカのチリの中部が原産です。一属一種で、高さは25メートル以上になり、幹は大きくて、直径1.3メートル以上になります。葉は羽状複葉で、3〜5メートルの長さがあります。成長は非常に遅いですが、千年以上の寿命があります。別名で「ちりさけやし(チリ酒椰子)」とも呼ばれます。
ヤシ科チリヤシ属の常緑高木で、学名は Jubaea chilensis。英名は Chilean wine palm。
Chilean wine palm belongs to Arecaceae (Palm family). It is an evergreen tall tree that is native to central Chile. This is a sole species in the genus Jubaea. This palm can reach about 25 m in height with a massive trunk up to 1.3 m in diameter. Leaves are pinnate compound, 3-5 m long. This palm grows very slowly, though it keeps alive over one thousand years.
アメリカ・テキサス州ダラス市「ダラス植物園」にて、2007年03月10日撮影。(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp