ちょうせんごよう (朝鮮五葉)

Pinus koraiensis

Pinus koraiensis

Pinus koraiensis

Pinus koraiensis

Pinus koraiensis

Pinus koraiensis

Pinus koraiensis

わが国の本州、中部地方および四国、それに朝鮮半島や中国東北
部に分布しています。亜高山帯に生え、高さは20メートルほどになり
ます。樹皮は灰白色で不規則に剥離します。葉は線形で5個が束生
します。雌雄同種で、6月ごろ花を咲かせます。果実は球果で長さ9
〜15センチの卵形です。種子は「松の実」と呼ばれ、食用にされま
す。別名で「ちょうせんまつ(朝鮮松)」とも呼ばれます。
マツ科マツ属の常緑高木で、学名は Pinus koraiensis。
英名は Korean pine。
Korean pine (Pinus koraiensis) belongs to Pinaceae (the Pine family). It is a
tall evergreen tree that is distributed to Chubu district of Honshu, Shikoku,
the Korean Peninsula and northeastern China. This tree grows in subalpine
zone and can reach about 20 m in height. The barks are grayish-white and
irregularly-furrowed. The leaves are linear and five per bundle. It is
dioecious and the flowers bloom in June. The fruits are ovate strobiles 9-15
cm long and used for food.
{上・中1] 栃木県日光市「日光植物園」にて、2010年06月26日撮影。
[中2〜中4] 長野県茅野市北山「麦草ヒュッテ」にて、
2006年07月08日撮影。
[中5・下] 群馬県安中市「小根山森林公園」にて、
2009年01月25日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp