だいおうしょう (大王松)

Pinus palustris

Pinus palustris

Pinus palustris

北アメリカの東南部に分布しています。雌雄異株で、高さは20〜40
メートルになります。樹皮は暗灰褐色で、亀甲状に裂け目ができま
す。葉は3個が束生し、「まつ」の仲間では最も長い針状葉です。長さ
15〜25センチの大きな球果ができます。わが国では、生け花にも
利用されます。
マツ科マツ属の常緑高木で、学名は Pinus palustris。
英名は Longleaf pine。
Longleaf pine belongs to Pinaceae (Pine family). It is an evergreen tall tree
that is native to southeastern USA. This tree is dioecious and can reach 20-
40 m in height. The barks are dark grayish brown and hexagonal fissured.
The leaves are three par bundle and longest in the pine species. The
strobiles are large 15-25 cm long. This pine is used for flora art.
[上] 大阪府交野市「大阪市大付属植物園」にて、
2005年09月14日撮影。
[中] 同上にて、2003年10月12日撮影。
[下] 静岡県浜松市西区呉松町にて、2007年03月13日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp