ダウベニア・コッキネア

Daubenya aurea var. coccinea

Daubenya aurea var. coccinea

南アフリカのケープ地方の西部が原産です。マッソニア属の近縁で、
大きな楕円形の葉が2個だけつきます。真っ赤な花は花序に密集し
て咲き、赤い雄しべと黄色い葯が目立ちます。夏には地上部は枯死
して休眠に入ります。
ユリ科ダウベニア属の多年草で、学名は Daubenya aurea var.
coccinea。英名は Jewel of the desert。
大阪府河内長野市「花の文化園」にて、2003年02月20日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp