ディアブッシュ [Index] [Back]

Ceanothus integerrimus

Ceanothus integerrimus

Ceanothus integerrimus

Ceanothus integerrimus

Ceanothus integerrimus

Ceanothus integerrimus

Ceanothus integerrimus

アメリカの西部、ワシントン州からオレゴン州、カリフォルニア州、ニューメキシコ州それにアリゾナ州に分布しています。山地の低木の茂みや林に生え、高さは1〜4メートルになります。葉は光沢のある明るい緑色で、かたちは披針形、楕円形、長楕円形あるいは広卵形、先端は鋭頭から鈍頭です。4月から6月ごろ、総状花序に白色または水色、まれにピンク色の花を咲かせます。果実は、直径4〜5ミリの粘り気のある刮ハです。
クロウメモドキ科ソリチャ属の落葉小低木で、学名は Ceanothus integerrimus。英名は Deer bush。
Deer bush (Ceanothus integerrimus) belongs to the family Rhamnaceae (the Buckthorn family). It is a deciduous shrub that is native to the western United States, in Washington, Oregon, California, New Mexico, and Arizona. This shrub grows in montane chaparral and woodlands, and it can reach 1-4 m in height. The leaves are glossy, light green, lanceolate, elliptical or oblong to widely ovate in shape, and thin with an acute to obtuce tip. The white or blue and rarely pink flowers bloom in raceme clusters n April through June. The fruit is a sticky capsule about 4–5 mm in diameter.
アメリカ・オレゴン州「デシューツ国有林」にて、
2013年06月14日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp