でいご (梯梧)

Erythrina variegata

Erythrina variegata

Erythrina variegata

Erythrina variegata

Erythrina variegata

Erythrina variegata

Erythrina variegata

Erythrina variegata

Erythrina variegata

Erythrina variegata

Erythrina variegata

わが国の奄美大島から沖縄、そして東南アジア、インド、ミクロネシアなどに広く分布しています。高さは15メートルにもなり、幹や枝には太く鋭い棘が生えています。3月から5月ごろ、枝先に長い総状花序をだし、真っ赤な花を咲かせます。葉は3出複葉で、花の最盛期後に展開します。黄色い斑入りの品種もあります。沖縄県の県花で、街路樹や公園樹として植栽されています。 
マメ科デイゴ属の落葉高木で、学名は Erythrina variegata。
英名は Coral tree、Tiger's claw。 
The Coral tree (Erythrina variegata) belongs to the Fabaceae (the Pea family). It is a deciduous tall tree that is distributed widely, southward from Amami Island, Okinawa Islands to Southeast Asia, India and Micronesia. This tree can reach about 15 m in height, The thick acute spines are borne on the stems and branches. Bright red flowers come in the long terminal racemes from March to May. The leaves are 3-lobed compounds and foliate after flowering peak. There are yellow variegated species. Coral tree is a prefectural flower of Okinawa and are planted for boulevard trees or garden trees. 
[上・中1〜2] アメリカ・ロングビーチ市にて、2007年03月24日撮影。
(photo by Jon Suehiro)
[中3] アメリカ・サンディエゴ市「バルボア公園」にて、
2007年03月23日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中4] 関緑著「太陽の花たち」より。(photo by Modori Seki)
[中5] 沖縄県那覇市「海軍壕公園」にて、2005年04月25日撮影。
(photo by Mario K.)
[中6] オーストラリア・シドニー市「パームビーチ」にて、
2008年08月17日撮影。(photo by Yumi Gunji)
[中7〜中9] 同上にて、2008年08月30日撮影。
(photo by Yumi Gunji)
[下] スペイン・バレンシア県プソルにて、2015年04月19日撮影。
(photo by Yumi Gunji) 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp