デルフィニウム・エラツム [Index] [Back]

Delphinium elatum

Delphinium elatum

ヨーロッパアルプスに分布しています。標高2000メートル未満の草地や岩の多い土地に生え、高さは120〜180センチになります。葉は掌状に深く切れ込みます。6月から8月ごろ、穂状の総状花序をだし、濃青色または暗青色、青すみれ色の花を咲かせます。花には花弁状の5個の萼片と、萼片より長い距があります。
キンポウゲ科ヒエンソウ属の多年草で、学名は Delphinium elatum。
英名は Alpine larkspur。
Alpine larkspur (Delphinium elatum) belongs to Ranunculaceae (the Buttercup family). It is a perennial herb that is native to the Alps. This herb grows in meadows and stony places, to 2000 m elevation, and can reach 120-180 cm in height. The leaves are divided into fronds deep palmately. The flowers are deep or dirty blue or bluish-violet with five petal-like sepals in spike-like racemes, and bloom from June to August. The spurs are longer than sepals.
スイス・ベルン州「バレンベルク屋外博物館」にて、
2009年06月27日撮影。(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp