デロスペルマ・カルーイクム [Index] [Back]

Delosperma karroicum

Delosperma karroicum

Delosperma karroicum

南アフリカに分布しています。乾燥したところに生え、高さは10〜15センチになります。茎は地面を這います。葉は多肉質です。7月から9月ごろ、白色の花を咲かせます。
ツルナ科デロスペルマ属の常緑多年草で、学名は Delosperma karroicum。英名は White ice plant。
White ice plant (Delosperma karroicum) belongs to the Aizoaceae (the Ice plant family). It is an evergreen perennial herb that is native to South Africa. This herb grows in arid places and can reach 10-15 cm in height. The stems are trailing on the ground. The leaves are fleshy. The white flowers bloom from July through September.
茨城県つくば市「つくば実験植物園」にて、2012年07月21日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp