デンドロビウム・アレクサンドレ

Dendrobium alexandrae

Dendrobium alexandrae

ニューギニアが原産です。低地に生え、高温多湿の環境に生え、高
さは20センチほどになります。大きな黄緑色の花弁や唇弁には、暗
い赤紫色の斑があります。
ラン科セッコク属の常緑多年草で、学名は Dendrobium alexandrae。
英名はありません。
[上] 大阪市鶴見区「咲くやこの花館」にて、2004年12月11日撮影。
[下] 同上にて、2005年01月10日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp