デンドロビウム・アフィルム [Index] [Back]

Dendrobium aphyllum

Dendrobium aphyllum

中国南部からヒマラヤ東部、インドシナ半島に分布しています。着生植物で、茎は長さ60〜90センチになり、垂れ下がります。葉は狭卵形です。葉は夏によく繁りますが、花期にはすべて落葉します。花は白色から淡いピンク色で、紫色の条斑や斑紋があり、春に咲きます。 
ラン科セッコク属の落葉性多年草で、学名は Dendrobium aphyllum。英名はありません。 
Dendrobium aphyllum belongs to the Orchidaceae (the Orchid family). It is a deciduous herb that is native to southern China, the eastern Himalayas, and Indochina. It is a epiphyte, the stem grows up to 60-90 cm long and hangs. The leaves are narrow ovate. They grow well in summer, but all fall apart during flowering season. The flowers are white to pale pink with purple stripes or mottles, and bloom in spring. 
イギリス・リッチモンド・アポン・テムズ「キューガーデン」にて、2018年06月22日撮影。(photo by Jouette Travis) 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp