デンドロビウム・クリソトクスム [Index] [Back]

Dendrobium chrysotoxum

Dendrobium chrysotoxum

インドからタイ、中国南部に分布しています。山地の林内の生え、樹木などに着生します。茎は細いこん棒状で、高さは15〜30センチになります。葉は長楕円形で、茎の上部に2〜4個つきます。春に花茎を伸ばし、鮮やかな黄色い花を咲かせます。
ラン科セッコク属の常緑多年草で、学名は Dendrobium chrysotoxum。英名はありません。
Dendrobium chrysotoxum belongs to Orchidaceae (Orchid family). It is an evergreen perennial herb that is native to India, Thailand and southern China. This herb occurs in montane forests and is an epiphyte on the trees. The stem is slender clavate and can reach 15-30 cm in height. The leaves are oblong, 2-4 on upper stem. The flowering stalks are borne and bloom bright yellow flowers.
アメリカ・カリフォルニア州サンフランシスコ市「ゴールデンゲートパーク」にて、2007年03月16日撮影。(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp