デンドロビウム・フォーミディブル

Dendrobium formidible

Dendrobium formidible

Dendrobium formidible cv. Hawaiian King

原種のフォルモースム種(D. formosum)とインフンディブルム種(D.
infundibulum)を交配して、わが国で作出されました。デンドロビウム・
ノビル系に似ていますが、バルブの表面に黒色の短い毛がたくさん
生えるのが特徴です。冬と初夏に大輪の白い花を咲かせます。寒さ
にも強く、栽培しやすい品種です。写真下の品種は「ハワイアンキン
グ(cv. Hawaiian King)」。
ラン科セッコク属の常緑多年草で、学名は Dendrobium formidible。
英名はありません。
[上・中] 大阪府河内長野市「花の文化園」にて、
2005年01月13日撮影。
[下] 兵庫県加西市「兵庫県フラワーセンター」にて、
2005年11月25日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp