デンドロキルム・グルマケウム

Dendrochilum glumaceum

Dendrochilum glumaceum

Dendrochilum glumaceum

Dendrochilum glumaceum

Dendrochilum glumaceum

フィリピンのルソン島とミンダナオ島が原産です。標高700〜2000
メートルの高地に生え、高さは20センチほどになります。着生種で
す。冬から春にかけて、長い総状花序を弓なりに伸ばして、小さな白
い花を咲かせます。花には芳香があります。
ラン科デンドロキルム属の常緑多年草で、学名は Dendrochilum
glumaceum。英名は Hay-scented orchid, Chain orchid。
Hay-sceneted orchid belongs to Orchidaceae (Orchid family). It is an
evergreen perennial herb that is native to Luzon and Mindanao Island of
Philippine. This orchid occurs in the highlands at 700-2000 m elevation and
can reach about 20 cm in height. It is an epiphyte. Small white flowers come
on the long arching racemes from winter to spring. The flowers are scented.
[上・中1・中3] 静岡県伊豆の国市「伊豆洋らんセンター」にて、
2007年02月15日撮影。
[中2] 京都市左京区「京都府立植物園」にて、
2004年02月07日撮影。
[下] アメリカ・カリフォルニア州サンフランシスコ市「ゴールデンゲート
パーク」にて、2007年03月16日撮影。(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp