デンドロビウム・ファラエノプシス

Dendrobium phalaenopsis

Dendrobium phalaenopsis

Dendrobium phalaenopsis

Dendrobium phalaenopsis

Dendrobium phalaenopsis

Dendrobium phalaenopsis

Dendrobium phalaenopsis

Dendrobium phalaenopsis

オーストラリア北東部のクイーンズランド州や、チモール周辺諸島が
原産です。この原種を中心に交配・改良されたものが広く普及してい
ます。これらの品種はふつうには「デンファレ」と呼ばれ、高さが20〜
100センチほどになります。種名は「こちょうらん」に似ていることか
ら。また着生ランで、高温多湿を好みます。温度と日照さえあれば、
一年中花を咲かせます。
ラン科セッコク属の常緑多年草で、学名は Dendrobium phalaenopsis。
英名は Cocktown orchid。
Cocktown orchid belongs to Orchidaceae (Orchid family). It is an
evergreen perennial herb that is native to Queensland of northeast Australia
and Timor Islands. Many cultivars which are intercrossed from original
species prevail widely. They are generally called 'Denphalae' and can reach
20-100 cm in height. This orchid is an epiphyte, like high temperature and
humidity. This continues to bloom through the year if the temperature and
sunshine are avairable.
[上・中1〜5] 兵庫県加西市「兵庫県フラワーセンター」にて、
2005年11月25日撮影。
[中6] 韓国・果川(クァチョン)市莫渓洞(マッケドン)「ソウル大公園」
にて、2007年01月26日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[下] 神奈川県鎌倉市「大船植物園」にて、2007年02月14日撮影。
(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp