デンドロビウム・スペキオスム [Index] [Back]

Dendrobium speciosum

Dendrobium speciosum

Dendrobium speciosum

Dendrobium speciosum

オーストラリアの東部に分布しています。樹木や岩などに着生し、高さは10〜90センチになります。茎は太い棒状で、長楕円形の葉が上部に4〜5個つきます。春から初夏にかけて、花茎を伸ばして花序をだし、白色から淡黄色の花をいっぱい咲かせます。花には芳香があります。
ラン科セッコク属の常緑多年草で、学名は Dendrobium speciosum。
英名はありません。
Dendrobium speciosum belongs to Orchidaceae (Orchid family). It is an evergreen perennial herb that is native to eastern Australia. This herb is an epiphyte on the trees or rocks and can reach 10-90 cm in height. The stem is thick stick-shaped with 4-5 oblong leaves. Numerous white to pale yellow flowers come on the inflorescence from spring to early summer. The flowers are fragrant.
[上・中1〜2] 静岡県伊豆の国市「伊豆洋らんパーク」にて、
2007年02月15日撮影。
[下] アメリカ・カリフォルニア州サンフランシスコ市「ゴールデンゲートパーク」にて、2007年03月16日撮影。(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp