デンドロビウム・タンゲリヌム [Index] [Back]

Dendrobium tangerinum

Dendrobium tangerinum

Dendrobium tangerinum

ニューギニア島に分布しています。着生ランで、標高0〜1250メートルにある森のなかの小さな樹木や岩の上に生育します。花は一年中咲いています。花にはオレンジ色でうさぎの耳のような目立つ花弁がつきます。
ラン科セッコク属の常緑多年草で、学名は Dendrobium tangerinum。英名はありません。
Dendrobium tangerinum belongs to the family Orchidaceae (the Orchid family). It is an evergreen perennial herb that is native to New Guinea. This orchid is epiphyte that usually grows on small trees or rocks in forests at elevations of 0 to 1,250 m. The flowers bloom in the at any time of the year. They have visible, orange, rabbit ear-like petals.
茨城県つくば市「つくば実験植物園」にて、2013年01月19日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp