デンドロビウム・ワンダーニシイ [Index] [Back]

Dendrobium cv. Wonder Nishii

Dendrobium cv. Wonder Nishii

アトロウィオラケウム種とアレクサンドラエ種との種間交雑種です。ラトーリア系のデンドロビウムで、1999年に品種登録されました。花は明るく薄い黄緑色で対照的な紫色の条班があり、さらに花弁と萼片には裏面に紫色の斑点がつきます。花は長く咲き続け、一年に何回か開花します。 
ラン科セッコク属の常緑多年草で、学名は Dendrobium cv. Wonder Nishii。英名はありません。 
Dendrobium 'Wonder Nishii' belongs to the Orchidaceae (the Orchid family). It is an evegreen herb that is an interspecific hybrid between Den. atroviolaceum and Den. alexandrae. It is one of the Latouria section of Dendrobium and was registered in 1999. The flowers are pale chartreuse green with a contrasting violet stripes, and with violet speckling on the reverse of the petals and sepals. They are long-lasting and bloom several times a year. 
アメリカ・ワシントンDC「アメリカ国立植物園」にて、
2010年02月18日撮影。(photo by Jon Suehiro) 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp