デザートウィロー

Chilopsis linearis

Chilopsis linearis

Chilopsis linearis

Chilopsis linearis

Chilopsis linearis

Chilopsis linearis

Chilopsis linearis

Chilopsis linearis

アメリカの南西部、テキサス州南西部からカリフォルニア州南部、それにメキシコ北部に分布しています。砂漠に沿った河岸や水路の近くに生え、高さは7.5メートルほどになります。幹は直径15センチほどになり、暗褐色の樹皮は剥離します。葉は狭披針形で互生し、先端が尖ります。4月から8月ごろ、芳香のある白色の花を咲かせます。花冠の咽部はピンク色から紫色をしています。乾燥した花や莢果からは、ときにお茶が作られることがあります。 
ノウゼンカズラ科キロプシス属の落葉低木で、学名は Chilopsis linearis。英名は Desert willow。 
Desert willow (Chilopsis linearis) belongs to the Bignoniaceae (the Trumpet creeper family). It is a small deciduous tree that is distributed to the southwestern United States, from southwestern Texas to southern California, and northern Mexico. This tree grows on stream edges and ditches along the desert, and can reach about 7.5 m in height. The trunk is about 15 cm in diameter, and the dark brown bark is furrowed. The leaves are narrow lanceolate, alternate, with acute tips. The fragrant white flowers bloom from April to August. The corolla has a pink to purple throat. The dried flowers and pods are sometimes brewed into a tea. 
[上・中1] アメリカ・ニューメキシコ州サンタフェ市にて、
2006年05月28日撮影。(photo by Jouette Travis)
[中2] 同上にて、2006年05月28日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中3] アメリカ・テキサス州「フォートワース植物園」にて、
2006年04月29日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中4〜中6] アメリカ・テキサス州「ダラス植物園」にて、
2006年04月14日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[下] アメリカ・ニューメキシコ州アルバカーキにて、
2010年07月03日撮影。(photo by Jon Suehiro) 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp