デウテロコニア・ブレウィフォリア [Index] [Back]

Deuterocohnia brevifolia

Deuterocohnia brevifolia

Deuterocohnia brevifolia

アルゼンチンとボリビアが原産です。これは非常に小さな細長い立ったロゼットになり、直径も5センチ以上になります。また集まって直径90センチ以上のマウンドを形成します。葉は密につき、長さ2センチ以上、三角形で基部に鋸歯があり、先端は尖ります。花は円筒形で小さく貧弱、ひとつだけついて、強い緑色、夏に咲きます。 
パイナップル科デウテロコニア属の常緑多年草で、学名は Deuterocohnia brevifolia (syn. Abromeitiella brevifolia)。
英名はありません。 
Deuterocohnia brevifolia belongs to the Bromeliaceae (the Pineapple family). It is an evergreen perennial herb that is native to Argentina and Bolivia. It grows a very small narrowly standing rosette, up to 5 cm in diameter. They also gather and form a mound up to 90 cm in diameter. The leaves are densely arranged, triangular, toothed at the base and with sharp tips, up to 2 cm long. The flowers are small and insignificant, solitary, cylindrical and intensely green and bloom in summer. 
アメリカ・ワシントンDC「アメリカ国立植物園」にて、
2010年02月18日撮影。(photo by Jon Suehiro) 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp