ドゥーツィア・マグニフィカ [Index] [Back]

Deutzia x magnifica cv. Tourbillon Rouge

Deutzia x magnifica cv. Tourbillon Rouge

Deutzia x magnifica cv. Tourbillon Rouge

Deutzia x magnifica cv. Tourbillon Rouge

わが国原産の「まるばうつぎ」と、中国中部が原産のウィルモリニアエ種との種間交雑種です。高さは1.8〜3メートルになります。葉は灰緑色の卵状長楕円形で対生します。5月から6月ごろ、八重咲きの白色からピンク色の花を咲かせます。写真上・中1の品種は、「ツールビヨンルージュ(cv. Tourbillon Rouge)」。
アジサイ科ウツギ属の落葉小低木で、学名は Deutzia x magnifica。
英名は Showy deutzia。
Showy deutzia belongs to the Hydrangeaceae (the Hydrangea family). It is a deciduous shrub that is a interspecific hybrid between Deutzia scabra (Fuzzy deutzia - native to Japan) and Deutzia vilmoriniae (native to central China). This shrub can reach about 1.8-3 m in height. The leaves are grayish-green, ovate-oblong and opposite. The double, white to pink flowers come in May to June. The upper two photos are a cultivar 'Tourbillon Rouge' (pink to crimson flower color).
[上・中1] 岐阜県可児市「花フェスタ記念公園」にて、
2007年06月08日撮影。
[中2・下] スイス・ベルン州グリンデルワルトにて、
2008年06月18日撮影。(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp