ディアスシア・バルベラエ

Diascia barberae

Diascia barberae

Diascia barberae

Diascia barberae

南アフリカの東部、クワズールーナタール州からレソトに分布してい
ます。標高1900〜3000メートルの草地に生え、高さは15〜30セ
ンチになります。葉は卵形で対生し、縁には鋸歯があります。夏から
秋にかけて、総状花序をだし、ピンク色の花を咲かせます。花冠は2
唇形で、下唇には2個の距があります。
ゴマノハグサ科ディアスキア属の常緑多年草で、学名は Diascia
barberae。英名は Twinspur, Barber's diascia。
Twinspur belongs to Scrophulariaceae (Figwort family). It is an evergreen
perennial herb that is native to eastern South Africa, KwaZulu-Natal and
Lesotho. This herb occurs in grasslands 1900-3000 m elevation and can
reach 15-30 cm in height. The leaves are ovate and opposite with toothed
edges. The raceme are borne and bloom pink flowers from summer to fall.
The corolla is two labiate and the lower lip has two spurs.
[上・中1〜2] アメリカ・テキサス州ダラス市「ダラス植物園」にて、
2006年04月14日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[下] 同上にて、2007年06月10日撮影。(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp