ディアンツス・グラキアリス (氷河撫子)

Dianthus glacialis

Dianthus glacialis

Dianthus glacialis

Dianthus glacialis

ヨーロッパアルプスやカルパチア山脈に分布しています。標高1900
〜2900メートルの草地に生え、高さは5〜10センチほどになりま
す。ほとんど無毛で、線形の葉は多肉質です。晩春に、切れ込みの
ある淡い赤紫色の花を咲かせます。和名で「ヒョウガナデシコ(氷河
撫子)」と呼ばれることもあります。
ナデシコ科ナデシコ属の多年草で、学名は Dianthus glacialis。
英名はありません。
[上・中2] 大阪市鶴見区「咲くやこの花館」にて、
2006年10月06日撮影。
[中1・中3] 同上にて、2006年01月25日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp