ディクソニア・アンタルクティカ [Index] [Back]

Dicksonia antarctica

Dicksonia antarctica

Dicksonia antarctica

オーストラリアの東部が原産です。湿り気のある保護された林の斜面や湿った小峡谷などに生え、高さは15メートルになります。けれどもそれはより典型的には4.5〜5メートルになります。幹はふつう単桿です。葉状体は大きく、濃緑色でザラザラしていて、直径2〜6メートルの樹冠のように広がります。 
タカワラビ科ディクソニア属の常緑シダ類で、学名は Dicksonia antarctica。英名は Soft tree fern、Man fern。 
Soft tree fern (Dicksonia antarctica) belongs to the Dicksoniaceae family. It is an evergreen fern that is native to eastern Australia. This fern grows on damp, sheltered woodland slopes and moist gullies, and up to a height of 15 m. But it is more typically grow to 4.5-5 m. The trunk is usually solitary. The fronds are large, dark green, roughly-textured and spread in a canopy of 2-6 m in diameter. 
新潟市東区秋葉「新潟県立植物園」にて、2018年01月21日撮影。 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp