ディコリサンドラ・ティルシフローラ

Dichorisandra thyrsiflora

Dichorisandra thyrsiflora

Dichorisandra thyrsiflora

Dichorisandra thyrsiflora

Dichorisandra thyrsiflora

Dichorisandra thyrsiflora

Dichorisandra thyrsiflora

Dichorisandra thyrsiflora

ブラジルおよびペルーが原産です。茎は丈夫で、高さは1.5〜2メートルになります。茎の基部が長い毛に包まれるのが特徴です。葉は「やぶみょうが」に似ています。9月ごろから、茎の先端に総状花序をつけ、青紫色の花を咲かせます。別名で、「ブルージンジャー」とも呼ばれます。 
ツユクサ科ディコリサンドラ属の常緑多年草で、学名は Dichorisandra thyrsiflora。英名は Blue ginger。 
Blue ginger (Dichorisandra thyrsiflora) belongs to the Commelinaceae (the Spiderwort family). It is an evergreen perennial herb that is native to Brazil and Peru. Stems are stout and can reach 1.5-2 m in height. It is characterized by covered with long hairs on the base of stem. Leaves are Pollia (Pollia japonica)-like shaped. Blue-purple flowers come on the terminal racemes in September. 
[上] 岐阜県可児市「花フェスタ記念公園」にて、2003年10月05日撮影。
[中1] 京都府宇治市「宇治市植物公園」にて、2005年10月22日撮影。
[中2] 同上にて、2004年09月04日撮影。
[中3] オーストラリア・シドニー市「シドニー王立植物園」にて、2007年03月11日撮影。(photo by Yumi Gunji)
[中4・中5] 大阪府河内長野市「花の文化園」にて、2017年09月22日撮影。
[中6・下] 高知市五台山「牧野植物園」にて、2017年09月29日撮影。 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp