ディディエレア・マダガスカリエンシス

Didierea madagascariensis

Didierea madagascariensis

Didierea madagascariensis

Didierea madagascariensis

Didierea madagascariensis

マダガスカル島の南部に分布しています。海岸沿いに生え、高さは6>メートルほどになります。幹は多肉質で、直径は40センチ以上になります。葉は線形で、短枝の先にまとまってつき、長い棘が生えます。花は淡紅色を帯びた白色の5弁花で、雄しべはピンク色です。 
カナボウノキ科カナボウノキ属の常緑低木で、学名は Didierea madagascariensis。英名は Octopus tree。 
The Octopus tree (Didierea madagascariensis) belongs to the Didiereaceae family. It is a small evergreen tree that is native to the southern Madagascar. This tree grows in the coastal area and can reach about 6 m in height. Stem is succulent, columnar up to 40 cm in >diameter. Leaves are linear, and clustered on the short branchlets with long spines. Flowers are 5-petaled pinkish white with pink stamens. 
[上・中1] 大阪市鶴見区「咲くやこの花館」にて、
2006年11月11日撮影。
[中2] 名古屋市千種区「東山植物園」にて、2006年12月21日撮影。
[中3・下] アメリカ・ワシントンDC「アメリカ国立植物園」にて、
2010年02月18日撮影。(photo by Jon Suehiro) 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp