ディエテス・ビコロル

Dietes bicolor

Dietes bicolor

Dietes bicolor

南アフリカの東ケープ州に分布しています。根茎があり、高さは45
〜60センチになります。葉は革質で細長く束生し、目立つ中肋があ
ります。晩春から初夏にかけて、長い花茎を伸ばして明るいクリーム
色の花を咲かせます。外花披片の基部にはオレンジ色と黒褐色
の斑紋があります。
アヤメ科ディエテス属の常緑多年草で、学名は Dietes bicolor。
英名は Peacock flower, Bicolor iris, Evergreen iris。
Peacock flower belongs to Iridaceae (Iris family). It is a perennial herb that
is native to Eastern Cape of South Africa. This herb has elongated rhizomes
and can reach 45-60 cm in height. The leaves are leathery, narrow,
fasciculate with distinguished center veins. The long flowering stalks are
borne and bloom bright cream flowers from late spring to early summer.
The outer tepals have orange and brownish black mottles at the bases.
[上・中] オーストラリア・シドニー市チェリーブルックにて、
2005年12月02日撮影。(photo by Yumi Gunji)
[下] アメリカ・カリフォルニア州サンディエゴ市「バルボア公園」にて、
2007年03月23日撮影。(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp