ディエテス・イリディオイデス

Dietes iridioides

Dietes iridioides

Dietes iridioides

Dietes iridioides

Dietes iridioides

Dietes iridioides

アフリカの東部、ケニアから南アフリカにかけて分布しています。高さ
は60センチほどになり、葉は革質、細長い剣形で束生します。春か
ら夏にかけて、長い花茎を伸ばして乳白色の花を咲かせます。外花
披片には黄色い斑紋があります。果実は刮ハでフットボール形をして
います。
アヤメ科ディエテス属の常緑多年草で、学名は Dietes iridioides。
英名は Wild iris, Fortnight lily, Cape iris。
Wild iris (Dietes iridioides) belongs to Iridaceae (Iris family). It is an
evergreen perennial herb that is native from eastern Africa; Kenya to South
Africa. This herb can reach about 60 cm in height. The leaves are leathery,
narrow sword-shaped and clumping. The long stalks are borne and bloom
milky-white flowers from spring to summer. The outer tepals have
yellowish mottles. The fruits are capsules and football shaped.
[上] オーストラリア・シドニー市チェリーブルックにて、
2005年12月06日撮影。(photo by Yumi Gunji)
[中1・下] 同上にて、2005年12月05日撮影。(photo by Yumi Gunji)
[中2] 同上にて、2006年11月21日撮影。(photo by Yumi Gunji)
[中3] オーストラリア・シドニー市「パームビーチ」にて、
2008年08月30日撮影。(photo by Yumi Gunji)
[中4] アメリカ・カリフォルニア州「パシフィックグローブ」にて、
2004年04月12日撮影。(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp