ディル

Anethum graveolens

Anethum graveolens

インド、イランから西アジアが原産です。現在ではヨーロッパや地中
海沿岸にも帰化しています。わが国へは江戸時代の中頃に渡来しま
した。爽やかな辛みのある葉は、ピクルスや酢、魚介類、卵との相性
がよく、これらの料理には欠かせないハーブとなっています。「スイー
トフェンネル」に似ていますが、高さは60〜100センチほどです。4
月から7月ごろに、複散形花序に黄色い花を咲かせます。ヨーロッパ
には魔女の箒に使われたという言い伝えがあるそうです。別名で「イ
ノンド」とも呼ばれます。
セリ科イノンド属の一年草で、学名は Anethum graveolens。
英名は Dill。
京都府宇治市「宇治市植物公園」にて、2004年05月29日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp