ディレニア・スフルティコサ

Dillenia suffruticosa

Dillenia suffruticosa

Dillenia suffruticosa

マレー半島からスマトラ島、ボルネオ島に分布しています。多湿な林
縁や湿地帯などに生え、高さは5〜10メートルになります。葉は「キ
ャベツ」に似た長さ15〜30センチの長楕円形から卵形で、縁には
わずかに鋸歯があります。この葉は食べ物を包むのに利用されてい
ます。枝先に総状花序をだし、直径8〜12センチの黄色い花を咲か
せます。果実は球形で、熟すと裂開して心皮が広がります。マレー語
では「シンポー(Simpoh)」と呼ばれます。
ビワモドキ科ビワモドキ属の常緑低木で、学名は Dillenia suffruticosa。
英名は Shrubby dillenia, Simpoh air。
Shrubby dillenia belongs to Dilleniaceae (Dillenia family). It is an evergreen
small tree that is distributed Malay Peninsula, Sumatra and Borneo Islands.
This small tree occurs in moist forest edges and swampy areas and can
reach 5-10 m in height. Leaves are elliptic to ovate 15-30 cm in length, and
cabbage-like with slightly toothed edges. They are used to wrap food.
Racemes of large yellow flowers 8-12 cm across are seen on the terminal
stems. Fruits are round and dehiscent when ripen, carpels are spreading. It
is called 'Simpoh' in Malay language.
兵庫県加西市「兵庫県フラワーセンター」にて、
2006年12月05日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp