ディオオン・メロラエ

Dioon merolae

Dioon merolae

Dioon merolae

メキシコ南部のチアパス州に分布しています。標高900〜1200メートルの山地にある「パイン」と「オーク」の森にごく希に生え、高さは6メートルほどになります。温帯から亜熱帯の気候に適応しています。葉は明るい緑色で、大きな羽状複葉を形成します。 
ソテツ科サゴソテツ属の常緑低木で、学名は Dioon merolae。
英名はありません。 
Dioon merolae belongs to the Cycadaceae (the Cycad family). It is a small evergreen tree that is native to Chiapas in southern Mexico. It grows rarely in pine and oak forests, at 900-1200 m elevation. This tree is well adapted to teperate to sub-tropical climate, and can reach about 6 m in height. The leaves are bright green, large, pinnately compound. 
アメリカ・ニューヨーク州「ニューヨーク植物園」にて、
2004年03月18日撮影。 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp