ディスコカクツス・ツェーントネリ [Index] [Back]

Discocactus zehntneri

Discocactus zehntneri

ブラジル南部の固有種です。標高400〜1200メートルの砂礫地に生えます。茎は鈍い緑色で直径10〜20センチ、高さは7〜10センチになります。12〜20個ある肋にはわずかに瘤があり、高さは10ミリになります。強くて白色から黄色がかった棘は下向きに曲がってきつく織り合わさり、植物体を被っています。偽頭(花が成長する部分)はクリーム色から白色で、高さは1センチ、幅は4センチ未満になり、先端部につきます。花は白色、か細い漏斗型で長さは20センチになります。果実は赤色のこん棒状で、長さは2.5センチになります。 
サボテン科ディスコカクツス属の多年草で、学名は Discocactus zehntneri。英名はありません。 
Discocactus zehntneri belongs to the Cactaceae (the Cactus family). It is a perennial herb that is endemic to southern Brazil. This cactus grows on sands and gravels, 400-1200 m above sea level. The stem is dull-green 10-20 cm in diameter and 7-10 cm tall. The 12-20 ribs are slightly humped and up to 10 mm high. The strong, white to yellowish thorns are bent downwards and interwoven so tightly that they cover the plant body. The pseudo-cephalium is cream-colored to white, up to 1 cm tall and -4 cm wide, at the apex of the plant. The flowers are white slender funnel-shaped, up to 20 cm long. The fruits are red club-shaped and have a length of up to 2.5 cm. 
アメリカ・ワシントンDC「アメリカ国立植物園」にて、
2010年08月19日撮影。(photo by Jon Suehiro) 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp