ドデカテオン・アルピヌム [Index] [Back]

Dodecatheon alpinum

Dodecatheon alpinum

Dodecatheon alpinum

アメリカの西部、ワシントン州からオレゴン州、ユタ州、アリゾナ州、ネバダ州それにカリフォルニア州に分布しています。山地の湿り気のあるところに生え、高さは10〜35センチになります。葉は線状倒披針形で翼のある葉柄があり、根生します。春の終わりから夏にかけて、人目を引く花を咲かせます。花冠には4個の反り返った明るいピンク色またはふじ色の萼片があります。花冠の口からは、大きな黒い葯と糸のような柱頭が突き出ます。
サクラソウ科ドデカテオン属の多年草で、学名は Dodecatheon alpinum。英名は Alpine shooting star。
Alpine shooting star (Dodecatheon alpinum) belongs to the family Primulaceae (the Primrose family). It is a perennial herb that is native to the western United States, in Washington, Oregon, Utah, Arizona, Nevada, and California. This herb grows in wet areas in the mountains, and it can reach 10-35 cm in height. The leaves are basal, linear to linear-oblanceolate with winged petioles. The showy flowers bloom from late spring to summer. The corolla has four reflexed sepals in shades of bright pink or lavender. From the corolla mouth protrude large black anthers and a thready stigma.
アメリカ・オレゴン州「ロスト湖」にて、2013年06月16日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp