どくふじ (毒藤) [Index] [Back]

Derris elliptica

Derris elliptica

Derris elliptica

インドからインドネシアが原産です。現在では、熱帯地方で根から殺虫剤を採るために栽培されています。蔓性で長さは10〜20メートルになります。枝は、褐色の柔毛が被われています。葉は奇数羽状複葉で、小葉は4〜6対あり倒卵形から長楕円形です。花は淡いピンク色の蝶形花で、花梗の先の総状花序に見られます。
マメ科ドクフジ属の常緑低木で、学名は Derris elliptica。
英名は Derris, Tuba root。
Derris belongs to Fabaceae (Pea family). It is an evergreen small tree that is native from India to Indonesia. This tree is cultivated in the tropical areas for its roots, a source of insecticide. This is a large climber that can reach 10-20 m long. Branches covered with brown pubescent. Leaves are imparipinnate, and leaflets are obovate to oblong, 4-6 pairs. Pale pink papilionaceous flowers are seen usually in the stalked racemes.
名古屋市千種区「東山植物園」にて、2006年12月21日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp