ドリコテレ・スファエリカ (羽衣)

Dolichothele sphaerica

Dolichothele sphaerica

アメリカの中南部、テキサス州南東部からメキシコ北部のタマウリパ
ス州(Tamaulipas)に分布しています。乾燥した地域に生え、平たい群
落を形成します。茎は緑色の球状で、直径5〜6センチになります。
中棘は黄色を帯び1個、縁棘は12〜14個あり針状で白色から淡黄
色です。花は直径6センチほどで、鮮やかな黄色です。園芸上は「ハ
ゴロモ(羽衣)」と呼ばれます。
サボテン科ドリコテレ属の疣サボテンで、学名は Dolichothele
sphaerica(syn. Mammillaria sphaerica)。
英名は Longmamma nipple cactus。
Longmamma nipple cactus belongs to Cactaceae (Cactus family). It is an
evergreen perennial herbacious plant that is distributed southeast Texas,
south into Tamaulipas, north Mexico. This cactus occurs in arid areas and
forms flat clusters. Stems are globular, medium green, 5-6 cm in diameter.
Central spine is one, yellowish and radial spines are 12-14, needle like
whitish to pale yellow. Flowers are bright yellow, 6 cm in diameter.
アメリカ・テキサス州「フォートワース植物園」にて、
2006年12月25日撮影。(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp