ドムベヤ・ブルゲシアエ

Dombeya burgessiae

Dombeya burgessiae

Dombeya burgessiae

Dombeya burgessiae

アフリカの東部および南部に分布しています。山地の斜面や林縁、
川沿いの岸などに生え、高さは2〜4メートルになります。幹の下部
から分枝して、葉は円形に近い心形です。かたちは「ブドウ」に似て、
大きな切れ込みとベルベットのような毛があります。夏の終わりから
初冬にかけて、葉腋から球状花序を下垂して、芳香のある白色から
ピンク色の花を咲かせます。
アオギリ科ドムベヤ属の常緑低木で、学名は Dombeya burgessiae。
英名は Pink wild pear, Pink dombeya。
Pink wild pear belongs to Sterculiaceae (Sterculia family). It is an evergreen
small tree that is distributed east and south Africa. This tree occurs on
hillsides, forest margins and stream banks, and can reach 2-4 m in height. It
is much-branced at underpart of the trunk and forming shrub. Leaves are
circular-cordate with lobes and velvety hairs, reminiscent of grape leaves.
From late summer to early winter, pink to white scented flowers are born in
spherical clusters which droop down from the axils.
[上・下] オーストラリア・シドニー市「タロンガ動物園」にて、
2006年12月14日撮影。(photo by Yumi Gunji)
[中1] 大阪市鶴見区「咲くやこの花館」にて、2004年01月23日撮影。
[中2] 大阪府河内長野市「花の文化園」にて、
2006年11月21日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp