ドムベヤ・ワリッキイ

Dombeya wallichii

Dombeya wallichii

Dombeya wallichii

Dombeya wallichii

Dombeya wallichii

Dombeya wallichii

東アフリカおよびマダガスカル島が原産です。ふつうは大型の潅木
ですが、高さが9メートルになることもあります。葉は大きな心形でざ
らざらしています。秋から冬にかけて、下垂した「あじさい(紫陽花)」
のような花を咲かせます。花色は濃いピンク色か赤色で、甘い芳香
があります。
アオギリ科ドムベヤ属の常緑低木で、学名は Dombeya wallichii。
英名は Pink ball。
Pink ball (Dombeya wallichii) belongs to the Sterculiaceae family. It is a
small evergreen tree that is native to East Africa and the Madagascar
Island. This tree is a large shrub usually, though it grows up occasionally
about 9 m in height. The leaves are large cordate with rough surface. The
drooping, hydrangea-like flowers bloom from fall to winter. The flowers
are dark pink or red and have sweet scent.
[上・中4] 京都府宇治市「宇治市植物公園」にて、
2006年01月12日撮影。
[中1] 大阪府河内長野市「花の文化園」にて、
2006年01月06日撮影。
[中2] 兵庫県加西市「兵庫県立フラワーセンター」にて、
2005年01月20日撮影。
[中3] 京都府精華町「花空間けいはんな」にて、
2005年01月04日撮影。
[下] 福島県いわき市「いわき市フラワーセンター」にて、
2010年01月23日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp