ドロニクム・アウストリアクム

Doronicum austriacum

Doronicum austriacum

Doronicum austriacum

ヨーロッパに分布しています。山地の渓流沿いや湿り気のある開墾地などに生え、高さは60〜90センチになります。分枝して、大きな卵形の葉をつけます。葉にはわずかに毛が生えます。春から夏にかけて、鮮やかな黄色い頭花を咲かせます。 
キク科ドロニクム属の多年草で、学名は Doronicum austriacum。
英名は Austrian leopard's bane。 
Austrian leopard's bane (Doronicum austriacum) belongs to the Asteraceae (the Aster family). It is a perennial herb that is native to Europe. This herb grows along montane streams and in wet reclaimed lands, and it can reach 60-90 cm in height. The plant is much branched and bears large ovate leaves. The leaves are lightly bearded. The bright yellow flower-heads bloom from spring to summer. 
[上・中] 京都市左京区「京都府立植物園」にて、
2005年05月16日撮影。
[下] イギリス・スコットランド「スカイ島」にて、2016年05月31日撮影。(photo by Jon Suehiro) 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp