ドラカエナ・デレメンシス (縞千年木) [Index] [Back]

Dracaena deremensis cv. Warneckii

熱帯アフリカが原産です。高さは5メートルほどになり、葉は暗緑色の狭い剣状で、淡緑色の条斑が入ります。多くの園芸品種があります。写真は園芸品種の「ワーネッキー(cv. Warneckii)」、葉身の真ん中に目立った白色の条斑が入ります。和名では「シマセンネンボク(縞千年木)」と呼ばれます。
リュウゼツラン科リュウケツジュ属の常緑低木で、学名は Dracaena deremensis。英名は Srtiped dracaena。
Striped dracaena belongs to Agavaceae (Agave family). It is an evergreen small tree that is native to tropica Africa. This small tree can reach about 5 m in height, and leaves are narrow ensiform, dark green with pale green stripes. There are many cultivars. The photo is a cultivar 'Warneckii' which has distinctive white stripes running lengthwise in the leaf-center.
韓国・果川(クァチョン)市莫渓洞(マッケドン)「ソウル大公園」にて、2007年01月26日撮影。(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp