ドラゴンフルーツ

Hylocereus undatus

Hylocereus undatus

Hylocereus undatus

Hylocereus undatus

Hylocereus undatus

Hylocereus undatus

Hylocereus undatus

Hylocereus undatus

Hylocereus undatus

Hylocereus undatus

Hylocereus undatus

メキシコ南部から中央アメリカが原産です。茎は三角柱状で、茎節からは気根がでて、岸壁や樹木をよじ登ります。長さは10メートルにもなります。気温が高ければ周年、大きな芳香のある白い花を夜に咲かせます。果実は直径10センチほどの楕円形です。この果皮は赤く、果肉は白くて食用にされます。別名で「ピタヤ」とも呼ばれます。 
サボテン科ヒロケレウス属の柱サボテンで、学名は Hylocereus undatus。英名は Dragon fruit、Pitahaya、Night-blooming cereus。 
Dragon fruits (Hylocereus undatus) belongs to the Cactaceae (Cactus family). It is a columnar cactus that is native to south Mexico to Central America. The stem is triangular, the segment is borne airial roots and climbing over other trees or cliffs. The large fragrant white flowers bloom at night in warm seasons. The fruits are elliptic about 10 cm in diameter. The pericarp is red, the pulp is white and edible. 
[上・中1] 大阪市鶴見区「咲くやこの花館」にて、
2004年07月13日撮影。
[中2・中3] 静岡県浜松市「浜松フルーツパーク」にて、
2005年11月19日撮影。
[中4] 静岡県南伊豆町下賀茂「下賀茂熱帯植物園」にて、
2007年02月16日撮影。
[中5・中6] ベトナム・ハノイ市にて、2008年05月21日撮影。
(photo by Jon Suehiro)
[中7・中8] 福島県いわき市「いわき市フラワーパーク」にて、
2014年03月01日撮影。
[中9・下] 東京都江東区「夢の島熱帯植物園」にて、
2014年08月30日撮影。 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp