ドロセラ・カペンシス

Drosera capensis

Drosera capensis

Drosera capensis

南アフリカのケープ地方西南部に分布しています。湿地などに生え、
高さは30センチほどになります。葉は線状へら形で多くの腺毛が生
え、長さは6センチ以上になります。腺毛からは粘液が分泌され、昆
虫などを惹きつけます。食虫植物の一種として知られています。秋、
長い花茎を伸ばして集散花序をつけ、直径1センチほどの小さなピ
ンク色の花を咲かせます。
モウセンゴケ科モウセンゴケ属の常緑多年草で、学名は Drosera
capensis。英名は Cape sundew。
Cape sundew belongs to Droseraceae (Sundew family). It is an evergreen
perennial herbacious plant that is distributed southwestern Cape region of
South Africa. This herb occurs in the marshy areas and can reach about 30
cm in height. Leaves are linear-spatulate with many glandular hairs and up to
6 cm long. They secrete a sticky sap that attracts insects, and known as one
of carnivorous plants. In fall, umbels of small pinkish flowers about 1 cm
wide are seen on the long flower stalks.
兵庫県加西市「兵庫県フラワーセンター」にて、
2006年12月05日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp