ダッチアイリス (球根アイリス)

Iris x hollandica

Iris x hollandica

Iris x hollandica

Iris x hollandica

Iris x hollandica

Iris x hollandica

ヨーロッパ南部が原産の「スパニッシュアイリス(Iris xiphium)」を中心
に複雑な種間交配を繰り返されて作出された品種群です。この交配
は、19世紀の終わりからオランダで始まりました。今では広く普及し
て、ふつうに「アイリス」といえばこの品種群をさします。4月から5月
ごろ、青色や紫色、黄色、白色などの花を咲かせます。和名では「き
ゅうこんアイリス」と呼ばれます。
アヤメ科アヤメ属の多年草で、学名は Iris x hollandica。
英名は Dutch iris。
Dutch iris (Iris x hollandica) belongs to Iridaceae (the Iris family). It is a
cultivar-group that is derived from Spanish Iris (Iris xiphium). It has been
made improvements and breeded many cultivars from the last day of 19th
century in Holland. Nowadays, it is planted widely. The tepals are blue,
purple, yellow or white, and bloom from April to May.
[上] 茨城県神栖市太田新町にて、2011年04月11日撮影。
[中1] 同上にて、2010年05月04日撮影。
[中2] スペイン・バレンシア県プソルにて、2011年04月13日撮影。
(photo by Yumi Gunji)
[中3] 同上にて、2011年04月10日撮影。(photo by Yumi Gunji)
[中4・下] アメリカ・テキサス州ダラス市「ダラス植物園」にて、
2004年03月21日撮影。(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp