ディスコリステ・リネアリス

Dyschoriste linearis

Dyschoriste linearis

Dyschoriste linearis

Dyschoriste linearis

アメリカの中西部、テキサス州からニューメキシコ州それにメキシコ北部に分布しています。石灰岩地の草原に生え、高さは15〜30センチになります。茎には4稜があり、直立してほとんど分枝しません。葉は線形から楕円形で、縁は波打ちます。晩春と夏の終わりに、葉腋から2唇のあるベル形の花を咲かせます。花冠は薄紫色から紫色です。冬に地上部は枯死し、根茎が残ります。
キツネノマゴ科ディスコリステ属の多年草で、学名は Dyschoriste linearis。英名は Narrow-leaf snake herb。
Narrow-leaf snake herb (Dyschoriste linearis) belongs to Acanthaceae (the Ruellia family). It is a perennial herb that is distributed to central-western United States, from Texas to New Mexico and northern Mexico. This herb grows in grasslands on calcareous places,and can reach 15-30 cm in height. The stems are quadrangular, erect and usually unbranched. The leaves are linear to elliptic with wavy edges. The two labiate, bell-shaped flowers bloom at the axils in late spring and late summer. The corolla is pale purple to purple. The terrestrials are blighted in winter and the rhizomatous roots remain through winter.
[上・中1] アメリカ・テキサス州「フォートワース植物園」にて、
2008年05月11日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中2・下] 同上にて、2006年04月29日撮影。(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp