タベブイア・インペティギノーサ [Index] [Back]

Tabebuia impetiginosa

Tabebuia impetiginosa

メキシコ北部からアルゼンチンの北部にかけて分布しています。高さは30メートルほどになります。樹皮は褐灰色で堅く、なかなか剥げません。葉は楕円形から披針形で対生し、縁には浅い鋸歯があります。早春、葉の展開前に大きな筒形で、ピンク色から赤紫色の花を咲かせます。
ノウゼンカズラ科タベブイア属の落葉高木で、学名は Tabebuia impetiginosa。英名は Pink lapacho。
Pink lapacho belongs to Bignoniaceae (Trumpet creeper family). It is a deciduous tall tree that is distributed from northern Mexico south to northern Argentina. This tree can reach about 30 m in height. The bark is brownish gray, tough and hard to peel. The leaves are opposite, elliptic to lanceolate with lightly serrated margins. The flowers are large, tubular shaped, pink to magenta, come in early spring before folliation.
アメリカ・カリフォルニア州サンディエゴ市「バルボア公園」にて、
2007年03月23日撮影。(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp