テーブルやし (テーブル椰子)

Chamaedorea elegans

Chamaedorea elegans

Chamaedorea elegans

Chamaedorea elegans

Chamaedorea elegans

Chamaedorea elegans

メキシコからグアテマラが原産です。高さは3メートルほどの小型の
種類です。別名で「パーラーやし」とも呼ばれます。暗い密林に生え
るため、直射日光には強くありません。葉は茎頂から広がり、実生か
ら5年ほどすると花梗を長く伸ばして、花を咲かせます。
ヤシ科カマエドレア属の常緑小低木で、学名は Chamaedorea
elegans。英名は Palor palm。
Palor palm (Chamaedorea elegans) belongs to Arecaceae (Palm family). It
is an evergreen shrub that is native from Mexico to Guatemala. This shrub
occurs in dark dense forests can reach about 3 m in height. It is not tolerant
of direct sunlight. The leaves bear on the stem apices. The flowers come on
the pecuncles at about 5 years after germination.
[上・中1・下] 栃木県藤岡町「とちぎ花センター」にて、
2008年03月29日撮影。
[中2] 静岡県東伊豆町「熱川バナナワニ園」にて、
2009年02月22日撮影。
[中3・中4] 愛知県豊橋市「豊橋総合動植物公園」にて、
2002年03月10日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp