たぶのき (椨の木)

Machilus tunbergii

Machilus tunbergii

Machilus tunbergii

Machilus tunbergii

Machilus tunbergii

Machilus tunbergii

Machilus tunbergii

Machilus tunbergii

Machilus tunbergii

Machilus tunbergii

Machilus tunbergii

Machilus tunbergii

Machilus tunbergii

Machilus tunbergii

Machilus tunbergii

Machilus tunbergii

Machilus tunbergii

Machilus tunbergii

Machilus tunbergii

Machilus tunbergii

Machilus tunbergii

Machilus tunbergii

Machilus tunbergii

わが国の本州から四国・九州、それに朝鮮半島南部に分布しています。海岸沿いに多く生え、高さは20メートルほどになります。「しい」や「かし」とともに、わが国の暖帯林を代表する樹種です。葉は倒卵状長楕円形で互生し、全縁です。冬芽は混芽で、春には花序と若葉がでてきます。4月から5月ごろ、円錐花序に黄緑色の花を咲かせます。果実は球形の液果で黒紫色に熟します。樹皮にはタンニンが含まれ、これを八丈島では黄八丈の染料とするそうです。
クスノキ科タブノキ属の常緑高木で、学名は Machilus tunbergii。
英名はありません。
"Tabuno-ki" (Machilus tunbergii) belongs to the Lauraceae (the Laurel family). It is a tall evergreen tree that is native westward from Honshu to Shikoku and Kyushu of Japan, as well as the southern Korean Peninsula. This tree grwos in coastal area can reach about 20 m in height. It is a typical species of Japanese warm-temperate forests. The leaves are obovate-oblong, altenate and entire. The winter buds are compound bud that bear clusters and young leaves in spring. The yellow-green flowers come in panicles from April to May. The fruits are global berries and ripen in black-purple. The bark contents tannin and used for dyewood in the Hachojo Islands.
[上・中1] 千葉県香取市府馬「大クス展望公園」にて、
2010年02月23日撮影。
[中2・中13] 千葉県神栖市土合北にて、2009年09月09日撮影。
[中3] 同上にて、2009年09月10日撮影。
[中4] 茨城県神栖市日川にて、2008年05月21日撮影。
[中5・中6] 茨城県神栖市土合西にて、2008年05月07日撮影。
[中7〜中9] 大阪市鶴見区「鶴見緑地公園」にて、
2006年11月29日撮影。
[中10〜中12] 茨城県神栖市太田にて、2009年06月07日撮影。
[中14〜中16] 茨城県つくば市「つくば実験植物園」にて、
2012年07月21日撮影。
[中17〜中19] 鹿児島県指宿市「フラワーパークかごしま」にて、2017年03月31日撮影。
[中20〜21・下] 鳥取県大山町「むきばんだ史跡公園」にて、
2017年06月13日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp