タキツス・ベルス

Tacitus bellus

Tacitus bellus

メキシコの北西部に分布しています。1972年にチワワ州とソノラ州
の境にある標高1440メートルほどの山岳地帯で発見されました。
小さな多肉植物で、ロゼットの直径は5センチほどです。5月から6月
ごろ、10〜15センチほどの花茎を伸ばして分枝し、鮮紅色の花を
咲かせます。
ベンケイソウ科タキツス属の常緑多年草で、学名は Tacitus bellus
(syn. Graptopetalum bellum)。英名は Chihuahua flower。
大阪市鶴見区「咲くやこの花館」にて、2005年05月26日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp