タッカ・カントリエリ

Tacca chantrieri

Tacca chantrieri

Tacca chantrieri

Tacca chantrieri

タシロイモ属は熱帯アジアを中心に30種ほどが分布しています。「コウモリ」に似たかたちの暗紫黒色の花が、長い花茎の先端にひとつ咲き、糸状の花柄が長く下垂します。地下茎がありデンプンを採ることもあるそうです。
タシロイモ科タシロイモ属の多年草で、学名は Tacca chantrieri。
英名は Bat flower、Devil flower。
Bat flower (Tacca chantrieri) belongs to the Taccaceae. The Tacca genus, about 30 species are distributed to the region there center on tropical Asia. The flowers are dark purplish black, bat-like and bloom solitary at the terminal of long flowering stalk with drooping long filiform peduncle. The rhizomes contain starches and they are used as a food.
[上] 岐阜県可児市「花フェスタ記念公園」にて、
2003年01月26日撮影。
[中1] 愛知県豊橋市「豊橋総合動植物公園」にて、
2001年11月24日撮影。
[中2] 京都府宇治市「宇治市植物公園」にて、
2004年11月05日撮影。
[下] アメリカ・テキサス州「ダラス植物園」にて、
2008年03月21日撮影。(photo by Jouette Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp